FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いつも応援ありがとう!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ アイロンビーズへ
にほんブログ村

読書感想文 の おすゝめ本。

目標を達成できたから、ぼちぼち編み物モードに
戻ろうかなと思っている今日このごろ。
編み物が恋しくなってきたの(´;ω;`)



おはよう!



気がついたら、夏休み。夏休みといえば子供達を悩ませるアレ
宿題さぽーと の じかん。



高校生対象になってしまうかもしれないのだけれど…。

夏休み、長期のお休み!
学校なんて行かなくていいし、楽だな~!って思うのもつかの間。
出血大サービスのごとく、出される宿題⊂(^ω^)⊃
その中の一つ、読書感想文向け?に書いてみようと思ったんだ。

お豆さんも読書感想文、面倒だなって当時思ってたし
一番ひどい時は、感想文なんて出さないでスルーしちゃおうかな。なんて思ったこともある。
…結局のところパソコン打ちでもいいから、出すようにというので
「山月記」の感想を出したことがある。
遅かったのに高評価だったのは、先生が良心的だったからだね。たぶん




紹介するのは決して多くないんだけれど
ここから芋づる形式で漁ってもらっても面白いと思うし
読んでみよう!って思う子がいれば、ぜひ読んでみてと思うし。




イチオシは、文豪ゲーテの「若きウェルテルの悩み」


これは純愛小説の中のきんぐおぶキングだと思うんだ。
許婚がいる女性に恋をしなかったら
ウェルテルは、あんなことにならなかったんじゃないか。


苦悩の果てに衝撃の結末を迎えるのだけれど
この本は、ぜひ読んで欲しいな。


岩波と新潮から出てるから好きな方読むといいよ。

若きウェルテルの悩み (新潮文庫)

新品価格
¥452から
(2013/7/31 08:48時点)



若きウェルテルの悩み (岩波文庫)

新品価格
¥567から
(2013/7/31 08:49時点)




*一番最後に、お豆さんの感想を簡単にまとめたんだ。
紹介の真下に書いちゃうと、工エエェェ(´д`)ェェエエ工ってなってしまいそうだったから(笑



きっと、国語の先生もゲーテの作品をチョイスした時点で
「ヤダ、この子…。」
って、いい意味で思うかもしれないし…
(下心を持ちすぎです。どうもありがとうございました。\(^o^)/


ただ、同じゲーテの作品でも「ファウスト」は難しくて
読むのが億劫になるかもしれないから、ここではオススメしないかな。
( ^ω^)・・・素晴らしい作品だと思うんだ。確かにある一瞬に対して
そんなことが思えたら…。って思う。でも、難しい。


ベタと思うかもしれないけれど、漱石もいいと思うよ。
太宰治も、ありかもしれないんだけれど…
人間失格は、特に難しいかもしれないね。
読んだのは、高校時代なんだけれど
Oh....って絶句して絶望した(´;ω;`)
当時のお豆さん根暗部隊の前衛だったから尚更ね…\(^o^)/


読書感想文って、今の学生はケータイ小説とかでも書いちゃうのかな?
そうしたら、きっとこういう文学作品は
古臭いって思うかもしれないのだけれど、意外といいものだよ。

海外の作品の場合は
翻訳する人によって、違ってくるのも面白いところだよね。



ipad、iphone、リーダーを持っていたら、Kindleの無料本ストアから済まs…ゲホッゲホッ。
…漱石も太宰もあるね。宮沢賢治も( ^ω^)
夏目 漱石
太宰 治
宮沢賢治

探せばまだまだ、沢山出てくるよ。


本そのものが好きなんだけれど
収納スペース不足だったり、読んだらすぐ手放す人には
Kindleは向いてるような気がする。
だって、大体は読書感想文で利用した本を持って来いっていう先生いないと思うし。
流石にipadや、リーダーは持っていけないもんね(笑
そんな先生が居たら、洒落にならない…でも気をつけてね(´;ω;`)


子どもたちは宿題があるけれど夏休み、でもお母さんは休みがないよね。
仕事が増えちゃうけれど、夏バテに気をつけて頑張ってね!

⊂二二二( ^ω^)二⊃


で、途中に書いたアレなんだけれども。

若きウェルテルの悩みについては
当時はウェルテルって純粋で素敵な青年だと思ったんだ。
何処かにこんな人転がってないかしら。と思ったこともあったかもしれない。

でも実際、今の歳になって考えると、メンタルが弱すぎる男性は厳しい気がするんだ。
一途なのは良い事だけれども、恋に破れることなんて、人生ではありがちだと思うし。
相手がいる人を好きになっても、苦しいだけなのになぁ。
次行ってみよう!じゃないけれど、新しい出会いを期待する方が好きかな。
なんて…シビアな感想になっちゃった。


それでもこの作品を通して、恋愛関連のエッセンスというか
そういうものを味わうことが出来ると思うし
共感できる部分もあるし、読んでよかったなぁって思ったのは事実だよ。
恋愛模様は多種様々で、これもひとつの愛なんだろうね。

こんな悲恋、お豆さんは、イヤだけれど⊂二二二( ^ω^)二⊃

関連記事


いつも応援ありがとう!!
にほんブログ村 ハンドメイドブログ アイロンビーズへ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

お豆さん

Author:お豆さん
お豆さん>
緑豆になったり>黒豆になったり>
白豆になったり>小豆になったり>
大豆になったり

*ブログに転載とかはご遠慮ください( ̄(エ) ̄)ノ

類似まめにご注意ください。


↓のぶろぐ内検索便利(*´ェ`*)

検索フォーム
お豆ぼっくす
友達募集係、連絡等、何かあったら気軽にどうぞ(^ω^)
カテゴリー+月別アーカイブ
 
★ランキング★
最近の記事+コメント
多読王国
累積。
Twitter
リンク
お買い物場所
*ブログ村*
ジルテックシロップ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。